翻訳会社の特徴をよく理解して、楽に文章を翻訳しよう

translation business

依頼すること

契約書の翻訳を扱う人の中には、パラリーガルなどの法律の専門職の人もいます。

translation business

契約書の翻訳は、重要性に応じて、翻訳を依頼するエージェントや人選が行われることが多々あります。 法律事務所の中でも、渉外事務所と呼ばれるような、外資系企業の顧問をしていたり、他国企業や政府との取引に関する紛争の防止や解決を主な業務としている事務所では、自前で翻訳スタッフを雇用していることもあります。 これには、渉外事務所の弁護士などの中には、海外で留学をした経験のある人も多く、法律用語の正確な翻訳が出てきていないエージェントには任せたくないという人も多いことが関係しています。契約書の単語の選択は、場合によっては大きな問題に繋がることがあるからです。 これに対し、通常のメーカーや、外国人との賃貸契約書など、定型的な契約書の翻訳であれば、翻訳エージェントが人選を行って納品すれば問題がないとこが多いと言えます。

納期や価格、担当者の法的知識などによって、様々な商品やサービスがあります。

最近では、翻訳アプリなども進化してきていて、旅行レベルであればこうしたアプリやソフトの利用も便利です。 それでも、契約書の場合にはこういったソフトでは少々心許ないというのが、特に日本語と英語のように構造が異なる言語間の翻訳においては現状です。 最近では、こういった自動ソフトなどに準じるものとして、短時間で比較的定型的な契約書の翻訳を請け負うエージェントも出てきています。 また、レベルや重要性が高い契約書などに特化したスタッフを抱えているエージェントもありますので、契約書の重要性に合わせて選択出来るようになっています。 全般的に、納期を短縮するスピードサービスも提供しているエージェントが多く、こうしたサービスは急いでいる時には大変便利です。