翻訳会社の特徴をよく理解して、楽に文章を翻訳しよう

translation business

安価に利用する

技術翻訳の相場と品質の関係

translation business

技術翻訳は一般的な文書の翻訳に比べて相場が高い傾向があります。その専門分野における専門知識や技術用語について理解が深い人材が翻訳を行わなければならないからです。 比較的広く技術翻訳を扱っている大手企業に発注を行うと、英訳の場合には一字あたり10円から20円、和訳の場合には一語あたり15円から30円程度で行われているのが一般的です。企業によって抱えている翻訳家が異なることから、技術翻訳の種類によって多少の質のばらつきが生じるものの、概して高品質の成果を期待することができます。 一方、フリーの翻訳家に依頼するという方法もあり、この場合には大手企業に依頼するのに比べて安価に実施してもらえます。しかし、個人の力量の違いによって品質にばらつきが大きい傾向があります。

時代とともに増加する専門知識を身につけた翻訳家

国際化社会の流れが広まり始めた当初は一般的な文章の翻訳を担える翻訳家は生まれてきていたものの、技術翻訳を担える翻訳家があまり多くありませんでした。そのため、技術翻訳のサービスを提供できる業者も数は少なく、高価な割に品質もそれほど高くないという状況が続いてきていました。 しかし、英語教育が浸透するとともに、専門教育課程の中で英語力を高める人が増えてきたことから専門分野での活動の経験がある翻訳家も珍しくなくなってきました。また、単価が高いことから技術翻訳を学んでスキルアップする翻訳家も増えてきており、全体的な翻訳の品質の向上につながってきています。また、競争が生じるようになって価格も低下する傾向があり、利用しやすい状況が生まれてきています。